SSL化したけど「保護された通信」にならないときは、リンクを確認しましょう。

自分のサイトをほったらかして、人様の困ったに手を出すダメな大人です。
サイトを持っているみなさんは、やはりSSL化を気にされているようですね。
今日も「サイトのSSL化をしたけど一部保護されない」という投稿をFacebookで見かけました。
SSLについてはこちらを参照に

SSL化したけど一部のページだけ保護されないというケースは、ページ内にhttpのリンクが存在している場合がほとんどです。

外部から引っ張ってきている画像のリンク。
アフィリエイトのリンク。
cssの中に記述されたリンク。
JavaScriptの中に記述されたリンク。
プラグインのリンク。
テンプレートで使われているリンク。などなど。

httpリンクの確認は、GoogleChromeのデベロッパーツール(F12)のConsoleを見るとエラーとして表示されるのでわかりやすいです。
アナログでやるなら、htmlをコピーしてメモ帳に貼り付けて、httpで文字検索してみるのもいいでしょう。

今回の原因は、はてなブックマークのリンクでした。
WordPressのテンプレートの機能を使って、各SNSへのシェアボタンを表示していたようですが、SSL対応のコードではなかったようです。
はてな公式から生成できるコードはSSLに対応しています。
使っているテンプレートやhtmlのバックアップをとったうえで、コードの上書きを試してみてください。

「はてなブックマークボタンは、本日からSSL接続が有効なページ (URLが https:// から始まるページ) での設置に正式に対応しました。これにともない、これから新たにはてなブックマークボタンのガイドページのコードを利用して設置されるはてなブックマークボタンについては、SSL接続が有効なページであっても、ブラウザのセキュリティ警告メッセージが表示されなくなりました。」http://bookmark.hatenastaff.com/entry/2013/06/12/192954

それではよいサイト制作を。

お問合せ

ウェブ制作や運用で困ったことがあったらお問合せください。
DesignSeedはがんばる個人事業・中小企業を応援しています。
カテゴリーweb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください