QRコードを作ってみよう

サイトにアクセスしてもらうのにQRコードがあるととても便利ですよね。
でも意外とQRコードの作り方を知らない方が多いようなのでご紹介しておきます。

TwitterのQRコード

Twitterの場合はアプリからQRコードを取得することができます。
TwitterのQRコードについて

プロフィール・ページにあるハンバーガーボタン(-や◯が3つ並んでいるもの)をタップしてでてくるサブメニューの中にQRコードがあります。

アイコンが真ん中に入ったQRコードが生成されるので保存しましょう。
QRコードをタップすると背景色を替えることもできますよ。

ちなみに、読み取りもできます。

Line@のQRコード

個人のLineではなくLine@です。
管理画面にはいったら、プロフィール→フォロワーを集めるを選択。

共有欄にあるQRコードのマークをタップするとQRコードが生成されます。
下の保存ボタンを押して保存しましょう。

QRコード作成ツール

FacebookページやサイトのURL、メールアドレスなどをQRコードにしたい場合は、QRコード作成ツールを使います。
無料のものがいろいろありますが、私のおすすめはQRコード.jpです。
シンプルな操作性で画像合成なども可能。コード内にツール由来の情報が入りません。

GoogleChrome拡張機能

Chromeを使っている方は拡張機能でQRコードを生成することができます。
The QR Code Extension
Chromeに上記拡張機能を追加したら、QRコードを作りたいサイトを開いて、拡張機能のアイコンを押します。

「Edit this QR Code」のボタンを押すと詳細画面が開きますので、URLを確認してセーブしてください。

Adobe InDesign

私はAdobeのInDesignというソフトを使ってQRコードを作っています。
同じくAdobeのIllustratorにベクターで持っていけるので加工がしやすいです。

QRコードを活用して、アクセスしやすい環境を作りましょう!
それではよいweb制作を。

お問合せ

ウェブ制作や運用で困ったことがあったらお問合せください。
DesignSeedはがんばる個人事業・中小企業を応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です